お詫び

このサイトは更新に難渋しております。御用の方は姉妹サイトの『夏休みの宿題』をご利用ください。

はじめに

読書感想文の書き方を指南する人はたくさんいる。が、そういう人の多くは、自分では読書感想文を書かない。私も、長らくその一人だった。

ただ、私は「読書感想文なんて簡単だ」とはいってこなかった。「実際に自分で書こうとしたら、つらくて、苦しい。その事実から目を背けて、ただ子どもを怒鳴りつけるような大人になってはいけない」と語ってきた。2000年前後の夏、私は生徒達とともに何枚も読書感想文を書いた。なんて厳しい課題なのだろう、と思った。だが、いつしか、記憶は風化していた。

2009年夏、私は久方ぶりに読書感想文に再挑戦した。そして、力尽きた。2009年の課題図書18冊分、全て書きたかったが、3分の1の6冊で限界を迎えた。どれも大した内容の作文ではない。思ったことをつらつらと書いていっただけだ。半分くらいは課題図書の粗筋の引き写しである。にもかかわらず、ひとつの作文を書き上げるのに、数時間を要した。構想を練るのに1週間ほどかかった例もある。

それから1年、再び挑戦の夏がやってきた。

2010年の課題図書で読書感想文

結局、書けなかった……。

2009年の課題図書で読書感想文

小学校低学年向け

  1. 「おこだでませんように」
  2. 「しっぱいにかんぱい!」
  3. 「ちょっとまって、きつねさん!」
  4. 「てとてとてとて」

小学校中学年向け

  1. 「そいつの名前はエメラルド」
  2. 「風をおいかけて、海へ!」
  3. 「しあわせの子犬たち」
  4. 「オランウータンのジプシー」

小学校高学年向け

  1. 「春さんのスケッチブック」
  2. 「ぼくの羊をさがして」
  3. 「ヨハネスブルクへの道」
  4. 「マタギに育てられたクマ」

中学生向け

  1. 「8分音符のプレリュード」
  2. 「時間をまきもどせ!」
  3. 「月のえくぼ(クレーター)を見た男 麻田剛立」

高校生向け

  1. 「縞模様のパジャマの少年」
  2. 「夏から夏へ」
  3. 「カレンダーから世界を見る」

ご案内

私は著作権を主張しないので、コピー、転載、改変、すべて自由です。商用利用の場合も、連絡は不要です。私は利益の分配を求めません。

学生の方が私の作文をそのまま自分の作文と偽って学校に提出することについても、少なくとも著作権の見地からは、何も申しません。ただ、読書感想文は自分探し作文の一種であり、個々人の体験や思いを書くものです。私の書いた作文は、私の人生を反映しています。私の文章を土台として、文中のエピソードをひとつひとつ自分の体験で上書きするという手順をサボれば、あなたの文章でないことは誰の目にも明らかです。作文を受け取った先生があなたのことを全く知らない場合を例外として、必ず不正はバレると考えてください。

他の著作権フリー作文サイトが提供している作文は、いずれも「私」を無色透明にして、誰が提出しても大きな違和感が生じないように書かれています。しかし当サイトの作文に、そうした配慮はありません。

関連サイト

著者について

徳保 隆夫(とくほ たかお)
愛知県に生まれ千葉県で育つ。8年間の東京生活を経て、現在は栃木県在住の会社員。
ご意見・ご感想はメールにて受付中。

記事一覧

  1. Top
  2. おこだでませんように
  3. しっぱいにかんぱい!
  4. ちょっとまって、きつねさん!
  5. てとてとてとて
  6. マタギに育てられたクマ
  7. 時間をまきもどせ!