趣味Web 小説 2005-07-04

画像素材は購入する方が総合的に低コスト

仕事で画像を扱うなら、ネットで探すより安い素材集を買った方がいい。今回は向井さんの画像がほしかったわけだから、それは無理だったのでしょうが、無理なものは無理と考える他ない。つまりイメージイラストで我慢するのが妥当。ネットで無料公開されているイラストや画像のほとんどは商用利用不可。作者から使用許諾をもらうのは、あまり現実的でない。OK だとしても返事が遅けりゃ POP の性質上、意味がない。ダメだったらまた1からデザインを考え直さなきゃいけない。だからネットで公開されている個人作成の画像は使わない、というのが、たぶん現実解。

POP の作成なんて暇を見つけてやる仕事なのだろうし、画像自体が無料でも、他の部分で人的コストが大きかったら商売にならないんですよね。

カスタマーレビューにもあるけど、この手の「量で勝負する素材集」は、POP のような一定のクオリティで足りる用途にはバッチリ。具満タンや素材辞典は質も悪くないと思います。

じつは Folio で私が使った画像のいくつかは、こうした素材集から持ってきたものです。最近では(一部の)プロフィル画像に用いられている花の写真とか。Folio は商売じゃないから、最初は無料の素材屋で探そうと思ったのですが、加工禁止とか何とか、みんないうことがバラバラ。とても把握しきれない。かといって数箇所だけで素材を探しても、いいものが揃わない。「買った方が早いな」というのが結論でした。

ローカルのハードディスクにデータを全部コピーして ViX などでサクサク検索するのがお勧め。20枚以上もある CD-ROM を1枚ずつチェックするのはだるい。面白いもので、20万点以上も画像を持っていても、やっぱり希望に合うものが見つからなかったりします。ネットで何万点も画像素材を見て回ったら疲れ果てて簡単に妥協してしまうでしょうが……。少しのコスト負担で、いいことたくさん。

Information