趣味Web 小説 2012-02-11

memo:ニコニコ動画の削除申請受付基準

1つ目のまとめにおいて、ニコニコ動画の運営を批判している側の主張がよくわからない。とくに途中から登場するアニメ監督の北久保さんが何を求めているのかが、私にはわからなかった。

他の人もいろいろ反応しているけど、たとえ他者が複製権や公衆送信権を持っていたとしても、その権利物に関する著作者人格権を持つ人が申し立てたら削除申請できます。という運営側の発言って、何もおかしくないと思うよ。申請ができるだけで、削除の約束をしているわけじゃないことに注意。

2つ目のまとめの方で川上会長が述べている私見が、その補完になっていると思う。

まず、コストの問題がある。全ての権利者に「この動画は削除した方がいいですか?」と意向を聞いて回るのは不可能だし、「黙認」という立ち位置だってあるだろう。なので、完璧な権利処理は不可能。しかしながら、ニコニコ動画には著作権侵害に対処するチームが存在し、何らかの優先順位に従って仕事をしている。

いま、著作者人格権の保持者から「これは違法な公衆送信だ」といった指摘があった場合、そのチームが動くわけだ。そして例えば、財産権の保持者を調べ、問い合わせをし、「たしかに違法にアップロードされたものです」と回答が得られたら、削除することになる。ただし、全く権利を持たない第三者の通報では動かない。それをやったら通報が多過ぎてコスト面でパンクするからだ。

つまり、ニコニコ動画が自らパトロールして独自の基準で違法動画を削除して回るのは無理だが、財産権に加えて人格権の保有者からの申請も、対処プロセスを起動するトリガーとするということ。私はこれ、おかしな話だとは思わないな。

Information