趣味Web 小説 2003-03-24

トーンを使わない桂正和

最初はVジャンプだったかな。……週刊少年ジャンプ掲載の読切作品だったような記憶があるのは私だけですか。気のせいかな。「ZETMAN」という短編集に収録されています。あと、最初は全然コスチュームが違いました。うさぎの格好をしたヘッドギアをかぶった珍妙な姿……あれは月をイメージしていたのかな。手許に本がないので確認できないのですけれども。

「SHADOW LADY」は読切作品が週刊連載になったわけですが、昨年末になって「ZETMAN」も週刊連載になりましたね。(おそらく)桂正和さん自身がペン入れしている箇所にトーンをほとんど使わない、これまでになく硬質な絵柄に注目しています。(と書いてしまったけど、最近の作品は読んでいないから、本作品から突然変わったという保証はできません/適当ですみません)

どうでもいいけど、Amazonで売れてる桂正和作品は、「D.N.A2」なんですね。私は表紙しか見たことないのだけど、比較的最近の連載作品「I"s」は長く続いたし、そっちの方が売れているのかと思った。Amazonが浸透しだした時期から考えても……。やっぱり目先の売れ筋商品は書店で買う人が多いということなんだろうか。それで書店で見かけなくなった本をAmazonで買う、と。送料とか3日待ちとか面倒だからなあ、通販は。

Information