趣味Web 小説 2009-07-26

NDS Adaptor の導入、使い方、注意点

前記事のDQ9レビューで NDS Adaptor を紹介したのですが、これがなかなかクセのあるツールなので、トラブったというご報告がありました。紹介した者として少し責任を感じたので、とりあえずAmazonに以下のレビューを投稿しました。

レビュー:説明書が英語なので使用手順を紹介します
DSカード内のセーブデータをパソコンにバックアップするための道具です。「ドラゴンクエストIX」と「ポケモン プラチナ」で正常動作確認済。説明書が英語なので、簡単に使い方をご紹介します。

【最初の準備 WinXPの場合】
a) パソコンに付属のCDを入れ、エクスプローラでCD内の\drivers\0609フォルダを開き、圧縮ファイルの「NDS Adaptor v1.0.zip」をデスクトップに解凍します。
b) NDS Adaptor をパソコンのUSBにさすと、「新しいハードウェアの検索ウィザード」が起動する。
c) Windows Update に「接続しない」を選択して「次へ」。
d) 「一覧または特定の場所からインストールする」を選択して「次へ」。
e) 「次の場所を含める」→「参照」→「デスクトップ」を選択して「次へ」。
f) 互換性未検証のメッセージが出るが、本製品のメーカーを信頼するなら「続行」。
g) 完了しました、と出るので「完了」。

【その後の使い方】
1) NDS Adaptor にDSカードをさす。
2) NDS Adaptor をパソコンのUSBにさす。
3) a)で解凍したファイルの中にある「Nds adaptor v1」というソフト(移動OK)を起動。
4) 「Back up」がDSカード→PC、「Download」がPC→DSカードです。Back up ではファイル名を指定。
5) 使用後は、画面右下の「ハードウェアの安全な取り外し」をクリックし「EMS Inter-Link Cable を安全に取り外します」。
6) NDS Adaptor をUSBから抜く。

◇フリーズ注意!◇
本製品をパソコンにさした状態でのDSカード着脱はNG
本製品をさす前にソフトを起動するのはNG

インストール時に「ええっ!?」と驚いたのが、ドライバーが圧縮されていること。だから自動検出は不可能で、CD内のフォルダを指定してもダメ。あと、たくさんの製品で共通に使用しているディスクなので、関係ないドライバーがたくさん入っているのも不親切。

なお、無事にAutorunが起動すればCD内のHTMLファイルが開くので、英語が読めれば目的のドライバーは見つかります。逆にそこで失敗して、エクスプローラで直接CD内を探索すると、フォルダ名が数字なので、わけわかんないと思う。

インストール中に互換性がどうのこうのというメッセージが出るのも嫌。私はメーカーを信じることにしたけれど、絶対に必要なものではないわけで、「こんな危なっかしいものは使えない」と判断するのが妥当かもしれない。もしもセーブデータが壊れたりしたら恐ろしいしね。

まあそれでもインストールはまだいい。問題はその後の使い方。

なんと説明書どおりにすると(私の環境では)フリーズしちゃって役に立たない。説明書には、まずパソコンにアダプターを接続して、それからDSカードをさせ、と書いてある。ところがこうすると、データのやり取りに使うソフトウェアがフリーズしてしまう。起動はするけど、まともに動作してくれない。先にソフトを立ち上げておいても同じ。

なので、レビューに示した使用手順をきちんと守ってください。慣れてしまえばどうということはないけれど、最初にあれこれ苦労させられる不親切さは、さすが輸入物という感じ。星3つにしたのは、そういうわけ。

それでも、ドラクエ9やポケモンで「2周目」をやるなら必須のツールだと思う。数十時間分の記録をむざむざ消すのはもったいない。かといってセーブデータのためにソフトを何本も買うのもバカらしい。難度が少し高いのでお子様には勧めないけれども、大人のユーザなら嬉しいんじゃないかな。

ちなみに、本製品はデータ改造などには対応していません。非常にシンプルなツールなので。でも多分、私は興味がないのでやっていませんが、パソコンに保存したデータ自体は、別のツールを使えば解析・改造できるんじゃなかろうか。だってDSカードに古いバックアップデータを書き込めるわけだし。

それにしても、意外と需要がないのでしょうかね、こういうツール。ないんだろうな。ないからこそ、日本語版が売り切れたきり増産されなかったんでしょうね。たった1800円なので、DQ9と合計してもDQ8の初期価格より安かったりするんですけどね。

Information