趣味Web 小説 2004-06-06

ブームの終焉

図解

Amazon を用いて「インターネット」「Web」「ホームページ」「HTML」の各単語で和書を検索してみました。95年から2003年まで1年毎に被検索数調べ、推移をグラフ化したのが上図です。近年ぐんぐん WWW 利用者が増えているにもかかわらず、2000年をピークに書籍の刊行点数は減少の一途を辿っています。「インターネット」が簡単になり、パソコンが家電と化して解説書の需要が減った……ということなのでしょうか。

「インターネット」と「ホームページ」のブームが来たのは97年と2000年です。とくに2000年の出版点数の伸びはすさまじく、前年の倍に増えています。

「HTML」は低空飛行を続けており、98年、2000年、2002年に刊行点数が増えますが、2003年は半減、2004年は5月末までに4冊しか刊行されていません。また半減しそうです。

「Web」は21世紀になって伸びた唯一のキーワードですが、昨年、息切れしました。今年はさらに3割減のペースです。

まとめ

インターネット関連の出版ブームはもう終ってしまった。

関連記事一覧
趣味のWebデザインLectureBook Guide

Information