趣味Web 小説 2007-05-24

野嵜健秀さんの難しい要求

1.

私の巡回先だった「闇黒日記」が消えたのは今年1月末。筆者の野嵜健秀さんは過去にも一時閉鎖を敢行しており、とうとう X-day がきたのです。SOS が無視され続けたのですから、闇黒日記の終了は当然だろうと私は思いました。そして5月、残されたサイトのトップページに、再び小さなメッセージが。

野嵜さんに「徳保氏の肩を持つ」やうな人に「フォロワー」でゐられても迷惑と書かれたくらい、私と野嵜さんの思想信条は相容れません。けれども、私は野嵜さんの「闇黒日記」の更新が楽しみだった、それはたしかです。

2.

嫌がらせを受ける悲しさは、私にも経験があります。つらく打ち沈んでいるときに助けてくれた人のありがたさも身に沁みています。そのときのことは、今でも心から感謝しています。そんな私だから、野嵜さんには同情します。同情しますけれども、野嵜さんの希望を叶えるのは無理です。やっぱり、無理。

私は「闇黒日記」の読者でしたが、掲示板には興味がなく、見に行くことはありませんでした。野嵜さんの名前や、ましてや「靖国云々」という「義」の定型句でググるなど、もっとありえない話。私にとって「義」は別世界の住人で、私の前には現れないキャラクターです。その活動をフォローして、嫌がらせ書き込みのあった掲示板の管理者に小まめに通報するなんて、私のような一読者には不可能です。

野嵜さんの要求を実現できるのは、その手の仕事の本職か、嫌がらせを受けている当人の他にいないと思います。

野嵜さんを助けたいとは思う。でも、もっとハードルを下げてほしいのです。具体的な指示がほしい。2ch系の運動サイトのように、嫌がらせの書き込みが行われた掲示板の管理者の連絡先一覧と、コピペで使える文案を用意してくれたら、私だってすぐに動きます。そういう人はたくさんいると思う。

今回だって野嵜さんは検索結果をひとつポンと示すだけ。これで誰も助けてくれないといって世界を呪うのは無理筋だと思う。「信者」だってツーカーの仲じゃない。他人は、野嵜さんが思うよりもう少し他人。もっと具体的に要望を書いてほしい。

3.

人には得手不得手があるわけで、「闇黒日記」の読者に掲示板荒らしとの直接対決を求めたのがそもそもの戦略ミスだと思う。界隈の人間の得意技を活かした対処法を考えるべきではないか。

Yahoo で野嵜さんの名前を検索するとアンチサイトがトップに来る。Google なら「言葉言葉言葉」がトップですが、嫌がらせへの対抗策にはなっていないように思えます。

そこで、「いまウェブで野嵜健秀を名乗っている人物は二人います。一人は「言葉言葉言葉」の著者、もう一人は掲示板荒らしです」と広報するサイトを、検索キーワード「野嵜健秀」で検索結果第1位とすることを目指してはどうでしょう。現実問題として「義」を止められないなら、その嫌がらせを無効化すればいい。

闇黒日記デーみたいなイベントはみな好きなので、各自のサイトのトップページから荒らし対策サイトにリンクするくらい、喜んで協力してくれると思う。

Information