ラディスロウ

空中都市を復活させたヒューゴは巨大兵器ベルクラントにより地上を削り、ソーディアンたちが外殻と呼ぶ第二の地表を完全なものにしようとしている。ベルクラントにエネルギーを充填するには時間がかかるようで、今はまだ網目状でしかないのだけれど、ぼんやりしてるわけにはいかない。

ベルクラントには外殻が接続されておらず、ラディスロウから歩いていくことは不可能。そこで徒歩圏内のイグナシーからワープゲート経由でミックハイルへ向かい浮遊クルーザーをゲットしたのだが、鏡面バリアと守護竜に行く手を阻まれた。

鏡面バリアの突破には傷つき眠っているイクティノスの知恵を借りることが必要だ。イクティノスの復活には空中都市ヘルレイオスの設備を使えばよい。ヘルレイオスへは、イグナシーから空中都市ロディオンを経由して向かうことになる。

守護竜突破は後回し、と決めた。

さて、物語を確認したところでしゅっぱーつ!

ロディオン

ここもセーブポイントがない……。敵を愚直に撃破しつつ進むと、エルブンボウがあった。これでチェルシーが相当に役立つキャラになる!

*後で調べると爆弾で敵を吹っ飛ばすことができたのだそうだ。まあいいや。

ヘルレイオス

秘密工場そっくり。やたらジューシービーフがたくさんあるので笑ってしまった。でも、ずっと水中で眠っていた都市の中にあるジューシービーフって、賞味期限とか大丈夫なのかなあ。

最奥部で待っていたのはイレーヌさん。世界を無から作り直したいらしい。個人的にはシムシティとかも(下手だけど)好きなんで、ちょっと共感する。ただまあ、実際問題としては、ゼロから作り直しても、理想なんか実現できないと思うんだよね。経験上、これは確実だと思う。

そういう消極的な理屈で、プレーヤー的にはスタンたちに与したいかな。あまり気は進まないけど、イレーヌさんとバトルに突入。スタンをガードオンリーにしてたのに圧勝。この弱さが悲しい。イレーヌさんは投身自殺してしまった……。あああああ。

ルーティがお節介な説教をしてくれるんだけど、なんか勝てば官軍って感じで、どうも嫌なんだよね。スタンが戦闘に納得できずにガードし続けていても話は勝手に進んでしまう。しばらく放っておいてほしいよ。リオンもずっと控えだったんだし、スタンが役立たず化したっていいじゃないか。

でもPS版「テイルズ オブ デスティニー(TOD)」では操作キャラの変更は不可、スタンを戦闘メンバーから外すこともできないのだった。

ともあれ、イクティノスが復活。これまでもずっと耳は聞こえていたとかで、話が早い。

ラディスロウ

ラディスロウに戻ると、助手さんが、武器屋と防具屋が開業したよ、と教えてくれた。先日は宿屋や道具屋が開業していたなあ、と思い出す。

じつはラディスロウには無重力エレベーターなるワープ装置が用意されており、ダリルシェイドの大通りの真ん中と一瞬で行き来できるようになっている。無重力エレベーターには誰でも乗れるので、ダリルシェイドの商人たちがラディスロウへやってきて商売を始めたというわけ。

せっかくだから宿屋、道具屋、武器屋、防具屋すべて利用してみた。武器屋は今ひとつだったけど、防具屋の品揃えはすごい。ガンガン買い物をしたら、とっても感激されちゃった。

復活したイクティノスは早速のご活躍で鏡面物質粒子化装置を開発してくれる。あとは守護竜を破壊すればベルクラントへ行ける。コントロールルームは空中都市クラウディスにあるが、イグナシーからはアンスズーン経由でしか行けない。

アンスズーン

暗く視界の開けない空中都市。ダークシール(奥義封印と引き換えに経験値2倍)を発見! チェルシーに装備させる。ギターも手に入ったけど、ジョニーとチェルシーを同時に育てるヒマも余裕も意欲もないっぽいので、もちろん装備はさせるけど、実質的な意味はなさそう。

ネズミに話しかけたら、スタンたちよりずっと身体の大きいモンスターの一団だったので驚いた。なんなんだ、この偽装。TODでは何度もこういうのがあるんだけど、どうにかならないのかなあ。ともかく楽勝で倒して鍵を入手。ネズミは3匹、鍵も3種。扉には鍵穴が3つ……。先へ進む。

クラウディス

自然にあふれた空中都市。最深部に待つのはバルックさん。いい人たちと敵対するのはつらい。

あまり戦いたくはないが、今回はスタンにも攻撃させることにした。プレーヤーとしても吹っ切れたということだ。例によって危なげなく勝利。イクティノスを振るうウッドロウには大助かり。チェルシーも強くなったね。ダークシール装備で技封印中なのに、止めを刺したのはチェルシー。

「たまご」を入手。EGGと違って食べ物じゃないらしい。バルックさんが大切に育てていたものみたいなので、楽しみ。バルックさんとは袂を分かったけど、この子は大切に育てるよ!

コントロールルームから自爆指令を出し、守護竜を破壊。これでベルクラントへ行ける。

ベルクラント

ヒューゴ撃破。

ヒューゴはソーディアン・ベルセリオスのマスターだった。ベルセリオスは天地戦争でソーディアンたちの隊長だったが、天上王ミクトランを貫いた際、ミクトランにソーディアンのコアクリスタルを乗っ取られたのだそうだ。ヒューゴはベルセリオスに宿ったミクトランに操られていたらしい。

つまりこういうことかな。ルーティの幼少時が洗脳の初期であり、ヒューゴは薄れゆく意識の中で、ルーティを離縁しソーディアン・アトワイトを託した。だがリオンが生まれたときにはもう、ほぼ完全に乗っ取られていたので、リオンは手元に置き、野望の実現に協力させた。最後はマリアンを人質にして強引に従わせる。

撃破されたヒューゴは、一瞬、かつての精神を取り戻すが、天上人の復活術によりミクトランの精神がヒューゴの肉体と融合、ミクトランが実体化し復活する。圧倒的な強さでミクトランはスタンたちを打ちのめし、ベルクラントを発射! ついに外殻が完成してしまう。

もはや無用の長物となったベルクラントは破棄され、気絶しているスタンたちとともに海へ落ちる。

スタンたちはフェイト艦隊に救出され、ダリルシェイドへ運ばれる。

ダリルシェイド

暗くなった地上。

ラディスロウの無重力エレベーターは停止され、空中都市へ行く手段が失われてしまう。

天上界からは強力なモンスターが降ってくる。

セインガルド王の頼みを聞き、ハーメンツを助けに行った。

リトラーの助手が眼を覚まし、リトラーの提案を伝えてくれるというので、作戦会議が開かれた。

決定事項は3つ。1、集積レンズ砲を作り外殻を破壊、空を取り戻す。2、ソーディアン研究所へ行き、ソーディアンをパワーアップする。3、飛行竜を修理するため生体金属ベルセリウムを発見する。

レンズ砲はルウェイン将軍を責任者とし、助手と兵士たちが作ってくれるそうだ。なおレンズ砲で空中都市は壊せないので、飛行竜で中核のダイクロフトへ乗り込み、内部から破壊するしかないらしい。外殻が重くなったため、高度が下がり、飛行竜で到達可能な高さになっているようだ。

ソーディアン研究所

セインガルド国北部の町アルメイダの北にある山の地下に隠されていたが、ベルクラントが山を吹き飛ばしたので入り口が露出したのだという。他では見かけないモンスターがいっぱい出現する。やっぱり理不尽だと思うなあ、こういうの。

ソーディアンのパワーアップは無事に済んだ。コアクリスタルを高温の炉で活性化させるとかいう荒っぽいやり方だけに、ディムロスたちは焼け死ぬような思いをしたらしい。お疲れ様です。

トラッシュマウンテン

ベルセリウムを求めて天上人のゴミ捨て場だったジャンクランドへ。最深部のゴミの山トラッシュマウンテン、以前は入り口で「危険だから」と止められて入れなかったが、今回はスタンが世界の危機を訴えて親切ゲートを突破。

しかしすぐに後悔。毒ガスだらけ。ぼんやり歩いていたらスタン以外倒れていた。とんだところでライフボトルを大量消費。危うく全滅するところだった。いまだレイズデッドが使えない。最後まで使えなかったりして……。

少し歩く毎に体力を確認、という習慣をつけて再出発。最深部でベルセリウム発見! だけど、人が抱えられるくらいの分量でいいのだろうか。飛行竜ってあんなに大きいのになあ。

それにしてもクレメンテの「まさか、本当に見つかるとは思わなんだ」はひどすぎる。いやたしかに、いかにもお宝っぽく洞窟の最深部にあるっていうのは、話として出来すぎているとは思いますけど、ジャンクランドにベルセリウムがあるっていったのは誰でしたっけ? あー、可能性の話をね、したわけね。はいはい。

*後で調べてみると、ジャンクランドの道具屋が販売している「ちゅうわざい」を使えば1分間毒ガスのダメージを回避できるのだという。知らなかった……。

ダリルシェイド

飛行竜修理班にベルセリウムを届ける。

集積レンズ砲はほぼ完成したけど肝心のエネルギー源が足りないらしい。アルメイダ、クレスタ、ハーメンツにある特殊なレンズを回収してほしい、と頼まれる。またですか? それくらい王宮の兵士に頼んでよ!

ところでアルメイダの村長がセインガルド城へきているというので、話を聞いた。特殊なレンズはストレイライズの森の盗賊にとられたんだって。うっ、またあそこまで行くのか……。

レンズ集めの旅

森の中を散々さまよい、結局、入り口付近の脇道で盗賊を発見。ぶち切れたが戦闘はなし。石碑があるが、レベル不足らしく奥義は覚えられなかった。

ハーメンツのレンズはウォルトさんが持っていた。有り金全部と交換だ、というので、快く交換する。未換金のレンズが膨大にあるし、どうせもう現金で買いたいものなんて食料とグミ類程度。どうでもいい。だけど屋敷を出ようとするとウォルトさんはお金を返してくれた。ようやく過去を水に流してくれたんですね!

クレスタのレンズは行方知れずになっていた。町長さんのヒントをもとに、手当たり次第に地面を調べていくと、孤児院の小屋の土間の中央付近で発見。久々に孤児たちの様子を見に行ったが、さすが子ども、外のことなんか気にしちゃいない。トイレ小僧は相変わらずトイレにこもりきりだった。

ダリルシェイド

集積レンズ砲発射! だけど、あれ〜? 効果がない。

なんと、外殻の裏側にはエネルギー吸収システムが装備されていたのだ。天上人の科学力は、天上界が滅びてからも自動で進化していたらしい(そんなバカな)。きっとオベロン社を使って新技術を開発させてたんじゃないかなあ。うまく使えばとっても人類の役に立つ技術だし。

困惑する地上軍にラディスロウのリトラー指令から非情の命令が下る。

ラディスロウを破壊せよ!

いまラディスロウが外殻(=エネルギー吸収装置)唯一の穴となっている。これを破壊して飛行竜でミクトランのもとへ向かえ、というのだ。その先、どうなるかは分からない。しかし今、突破口はこれ以外にない、というわけ。

他に何か手があるんじゃないかなあ、と逡巡したんだけど、今やラディスロウは敵の手に落ち、無重力エレベーターもモンスターの送り込みに利用されている。ラディスロウのコアに宿り、自らの意思で動けないリトラー指令のつらさを思い、破壊やむなしの決心がついた。さよなら、リトラー指令……。

リーネ村

飛行竜の修理が完了。いよいよミクトランの待つダイクロフト(巨大兵器ベルクラントがくっついていた空中都市の本体がダイクロフトらしい)へ向かおう、ということなんだけど、ベルクラントもなくなって喫緊の脅威は既にないわけであり、ほんの少しだけ寄り道させてほしい。

チェルシーと旅してるウッドロウ、以前から風来坊をやってるジョニー、先日も盗賊を探して森を彷徨ったついでに懐かしい神殿へ足を伸ばして知り合いたちに会うことの出来たフィリア、レンズ探しのついでに心の家族たちに会い無事を確認したルーティはいいよ。だけどスタンは、2部開始以来リーネ村へ帰っていない。

懐かしの我が家。リリスもおじいちゃんも元気だった。

スタンはリリスにバルックさんの「たまご」のことを話す。調理しようとするのは、まあ洒落だろう(シナリオ的にはマジなんだろうけど、このプレイでは洒落ということにしておいてください)。

狙い通り、リリスがたまごを育てると言い出す。ちょっと意地悪をいって困らせたり(ここもシナリオ的にはマジでたまご育成に反対しているんだろうけど以下略)。

たまごから生まれるのはどんな生き物だろう? 楽しみだな。きっと生還するからね。本来であれば艦隊戦で失っていたこの命、何かの奇跡で人生をやり直すことが出来たわけだけど、もう二度と全滅はしない。

ダイクロフト

ミクトラン撃破。

NEOミクトラン撃破。

結局、最後まで下手なプレーヤーでも連発できる初級の技ばっかり使っていた。ミクトランも飛燕連脚を延々と繰り返して倒してしまった。ちゃんと技キャンセルを使って連携技を繰り出すことが出来たらいいんだろうけど、無理なものは無理なので、これでいいのである。

PS版「テイルズ オブ ファンタジア(TOP)」では上級技の重さ(?)がなく、初級技を繰り返すより上級技を使った方がTPの節約にもなったので、上級技を積極的に使っていたんだけど、TODだとそのあたりのバランスが逆のように感じた。本当はどうだか知らない。個人的な感覚の話。

さて、ミクトランは倒したけど、やっぱり外殻破壊の妙案がない。

だけど、じつはソーディアンたちは作戦を考えていたらしい。

神の眼にソーディアンを突き刺し、クリスタルの共鳴により神の眼を暴走させれば、外殻は砕け散るであろう、というのだ。とりあえず外殻が固いまま地上へ落ちたらたいへんだけど、細かく砕けた状態なら、復興可能な程度の被害で済むのではないか、ということのようだ。

リトラー指令が散ったときから、ソーディアンたちはこの結末を予想していたんだね。

さよならソーディアンたち。

砕ける外殻。

暗転。

スタッフロール。

1年後、スタンの家に集まる旅の仲間たち。スタンはルーティと旅に出る。 Fin

今日の一般人

ばにーさん「現実にこんな事がおきるなんて……」
体格のいい男「やっぱり神なんかいやしねえんだよ!」
連れの女「あたしは死ぬまでここでお酒をのんでるわぁ〜。フンだ! ばかやろ〜!!」
マスター「酒で現実が消えるわけじゃない

カルビオラの酒場にて。マスター……。一応、後で「それでも酒に頼るしかないのさ、ここの人間はね」とフォロー入れてます。

兵士「きっと転ぶ、誰か転ぶ、たぶん転ぶ、絶対転ぶ……このチューブ、危ないよな?」
兵士「うーん、この放熱板……向きはこれでいいのかな?」
兵士「右なのか左なのか、はっきりして欲しいよな……」
兵士「えーとこの配線は……こんがらがっちゃうから話しかけないでくれます?」
兵士「どうせだったら、こう、もっと流線型のボディに……」
兵士「急ごしらえなんだから、こんなの動けばいいんだよ!」
兵士「本当に外殻を壊せるのか?」
ルウェイン将軍「まあ、大丈夫じゃろう」

セインガルド城、集積レンズ砲にて。いや、大丈夫じゃないと思うよ。

目次